レクサスとトヨタの
二段構えで量産効果を目指す

 今回、先進技術開発カンパニーの幹部は、トヨタの自動運転に対する現在の考え方について、こうも言った。

高度運転支援技術が、自動運転へと「つながる」ことを明記する、トヨタ先進技術開発カンパニーのプレゼン資料 拡大画像表示
先進技術と普及技術の二段構えで量産効果を狙う戦略 Photo by Kenji Momota 拡大画像表示

「自動運転車ではなく、将来の自動運転につながる、高度運転支援技術を搭載したクルマ。現在、自動車メーカーによって自動運転の定義には幅がある」

 その上で、運転者が自動運転に対する誤解や過信を抱かないように、注意深く社会受容性を考慮する必要があると指摘した。

 そうした“将来の自動運転につながる”流れの中で、統合安全コンセプトを示し、その領域としてパーキング、予防安全、プリクラッシュセイフティ、衝突安全、救助それぞれの分野で技術開発を進め、これらを連携させると説明した。

 これらを商品化する流れにおいて、トヨタ及びレクサスのモデルラインアップの中でフラッグシップであるレクサス新型LSが、安全技術全般においてもフラッグシップの役割を果たす。それが、「レクサス・セーフィティ・システム+A(プラスエー)」だ。

 先進技術をまずレクサス車に搭載して先に市場投入し、これをトヨタブランドで量産技術として広めることで、センサーや制御システムの小型化とコストダウンを目指すのだ。