リアコンビネーションランプの意匠も微妙に変わっている

 

 操縦すると4リッターへのダウンサイジング化はまったく違和感がない。低回転域からのトルクはこんこんと湧き出て、2000rpmも回せば加速はとどまるところを知らないかんじだ。

 S63 4MATICではさらにトルク感が太いうえに、足回りがスポーティに仕上げてあるので、ロケットのような感覚だ。全長が5メートルを超える車体なのにもかかわらずスポーツカーのように速度を上げていく。

 

小径ステアリングホイールが示しているように走りも堪能できるS63 4MATIC

 

 メルセデス車でいつも感心するのはカーブを曲がるときの安定性だ。ゆっくりと市街地ばかり走っていては気づきにくいが、カーブが連続する道をとばすと、気持ちよく速度をあげていけるのが真骨頂。この技術はどこのメーカーも太刀打ちできないものではないか。

 同時に乗り心地もよい。エアサスペンションは電子制御されていて、ステレオカメラがとらえた前方の路面の凹凸によってダンピングを瞬時に調節。つねに快適な乗り心地を保つという。

 さらにカーブでは車体の傾きを適度におさえるシステムも新採用。ドイツでは衛星ナビのデータも活用して制限速度によってスピードをコントロール。

 足回りの硬さを調節するとともに、先進的ライティングシステムをオプションで搭載しているときは、カーブ手前で対向車を眩惑しないよう照度を調節するという。

 ハイテクはコンフォートにも使われている。「エナジャイジング・コンフォートコントロール」と呼ばれるのが、新しいSクラスの肝煎りの技術だ。