辛口の白ワインはやせる
――ビールは太るが、ワインは血糖値を抑えられる

 私が白ワインを愛飲しているのには理由があります。ワインは、とくに白がやせるという報告が2004年にドイツでされているのです。赤にはポリフェノールといった抗酸化物質が多く含まれる一方、白は酒石酸が豊富だからではないかと思われます。

 もっとも、赤白どちらも体にいいことは間違いないと思われますので、料理に合わせて楽しんでください。

「The American Journal of Clinical Nutrition」という医学誌に寄せられた論文は、酒飲みを大喜びさせました。

 そこには、「白いパンを食べた場合」「ビールを飲んだ場合」「ワインを食べた場合」「ジンを飲んだ場合」の、血糖値とインスリン量の変化が報告されており、結果は下の図のようになったのです。

 これを見れば、パンだけを食べている人が最も太りやすく、お酒の中でも糖質の多いビールを飲んでいる人がその次に太りやすい、ということが明らかです。

 そして、ワインやジン(ウイスキーや焼酎といった蒸留酒は同様と考えていいでしょう)を飲むことで、かえって太りにくくなることがわかるでしょう。

 私自身、夕食時には辛口の白ワインをけっこう飲みますが、その翌朝の血糖値がかなり低くなることを実感としてわかっています。私が肥満とは無縁でいられるのは、白ワインのおかげかもしれません。

 食事のときには、アルコールを楽しみましょう。ただし、ワインや蒸留酒にすること。また、白ワインには糖質の多い甘いタイプもあるので、あくまで辛口を選ぶことを心がけてください。

(この原稿は書籍『医者が教える食事術 最強の教科書――20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68』から一部を抜粋・加筆して掲載しています)