社長のまわりにいるデキる人たちがどんなふうに社長の意思を汲み取り、自分の仕事に落とし込み、社長の仕事を支えているのだろうか(写真はイメージです)

要約者レビュー

 世の中には、経営者が著者となっている本や、経営者について書かれた本がたくさん出ている。それらの内容はもちろん素晴らしい。だが、世の中のほとんどの人は、必ずしも経営者になるわけではないのではないか。経営者にならない人のほうが、多いのではないか。そのように、著者は冒頭で、執筆のきっかけとなった思いを述べている。

『社長の「まわり」の仕事術』
上阪徹、256ページ、インプレス、1600円(税別)

 すごい経営者のまわりには、デキる人たちがたくさんいる。社長のビジョンを実現しようと奮闘している、社長の「まわり」の人がいる。その人たちの仕事の進め方から学ぼうというのが本書『社長の「まわり」の仕事術』である。

 本書には、特にエネルギッシュで若々しく、勢いのある経営者6人の「まわり」で活躍する13人が登場する。彼らの所属するのは、カルビー、DeNA、ストライプインターナショナル、隈研吾建築都市設計事務所、中川政七商店、サニーサイドアップ、と、まさに今伸び盛りの企業である。

 社長の「まわり」の人がどんなふうに社長の意思を汲み取り、自分の仕事に落とし込み、社長の仕事を支えているのか。その仕事術は、世の中の多くのビジネスパーソンからしてみれば、等身大のものとして大いに参考になることだろう。著者ならではの着眼点が光る、斬新なテーマの一冊だ。ビジネス書初心者の方にも、また、巷のビジネス書は読み飽きたという方にも、ぜひおすすめしたい。 (池田 明季哉)

本書の要点

(1) 経営者を支え、コミュニケーションをとっていくためには、工夫が必要になる。言われたことすべてに対応するのでなく、重要度に合わせて対応スピードを変えたり、忙しさを考慮して情報共有は短く正確にしたり、経営者に合わせた方法をとっていく。
(2) 経営者の「まわり」で働くことは、それまでと違う視点を得ることにつながる。たとえば、経営者の「先回り」を心がけることは、必然的に経営者の思考をたどることになり、自身の考え方を成長させる訓練になる。また、経営者のふるまいから、自然とメリハリのつけ方を学びとることもできる。