ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
現場力を伸ばす先端IT活用の鉄則

リアルタイム・ビジネス時代への扉を開く?!
Fusion-ioって何だ?

安間裕
【第6回】 2012年3月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3
nextpage

 上記のように、ビジネスの成長に対応するため「増設するべき機器を抑制」という話は、電気代や空調代も含め、地球にも優しいので大歓迎です。でも、「ビジネスの進化」という意味では、「昨日までできたこと」を機器の増設を最低限にして「明日もできるようにしました」って話なので、斬新さには欠けています。

 私は、Fusion-ioのような技術は、ビジネスの原点である「リアルタイム化」「事件は現場で起きている」ことに、貢献してこそ、本来の威力が発揮できるのではと思っています。

Fusion-ioの真のパワー

 前回、バッチ処理には3つの種類があるのではと申し上げました。

 「良いバッチ処理」--ビッグデータの分析(購買分析や需要予測)など、束になったデータをまとめて処理をすることに意義があるもの。

 「悪いバッチ処理」--本来リアルタイムで行われるべきだが、コストや時間的制約などで、止む無く行っているもの。

 「微妙?なバッチ処理」--ビジネス上のルールなどを工夫すれば、リアルタイム化できるもの(日本の複雑な携帯料金体系などはバッチ処理が必須。でも、もしこれを単純化出来たら…?)

 Fusion-ioは、上記の「良いバッチ処理」を高速化するためだけではなく(これは、前回のHadoopに任せましょう!)、「悪いバッチ処理」をリアルタイム化することにこそ、真の意義があると思っています。

 例えば、金融機関の銀行外振込や、保険やカード業界の「名寄せ」、製造業の「納期回答」などは、Fusion-ioによってリアルタイム化できる可能性が、十分にあると思います。

 一人暮らしをしている息子に、金融機関をまたいで送金し、すぐに、好き放題におろせた方が、(少なくとも息子にとっては)便利極まりないはずです。

次のページ>> Fusion-ioの今の現実解
previous page
3
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

現場力を伸ばす先端IT活用の鉄則

グローバル経済のなかで地盤沈下の進む日本。再びIT先進国として飛躍するためには、ITをビジネスの武器とする発想が必要だ。ビジネスは現場が肝心。現場の意思決定のスピードアップなど現場力向上に先端ITをどう生かしていけばよいか、IT業界のフロントランナーがわかりやすく解説する。

「現場力を伸ばす先端IT活用の鉄則」

⇒バックナンバー一覧