ミキサーやロボット掃除機、美顔器……。これは欲しいと喜んで買ったのに、今は全然使っていない家電製品がありますよね。どんなものが押し入れで「ホコリをかぶる」のか。ベストセラーの『ざんねんないきもの事典』ならぬ、「ざんねんな家電事典」を紹介しよう。

「ざんねん家電」ランキング
家電ライター・藤山哲人さんの順位(週刊朝日 2018年6月8日号より) 拡大画像表示

 せっかく買ったのに使わなくなったのには訳がある。家電ライターとして数多くの製品を評価してきた藤山哲人さんの意見をもとに、ざんねんな家電と理由についてまとめた。1位に挙げたのは美顔器などの美容家電だ。

「美容家電にはいろいろな種類があって、蒸気や超音波を出すものもあります。中には本当に効果があるのかどうか、はっきりしないものもあります」

 購入者は女性が中心だ。価格は数万円するものもあり期待が高いだけに、効果が実感できないと失望も大きい。脱毛器のように効果がわかりやすいものもあって、一概にざんねんとは言い切れないが、不満を感じる女性が目立つ。