いつもの冷蔵庫の食材が簡単!贅沢レシピに大変身!もう献立に迷わない!
5/21にNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」出演で「すごい」と話題の「伝説の家政婦」志麻さん。「プロフェッショナル仕事の流儀」は今年度最高視聴率を獲得。8月5日には「NHK WORLD TV」で全世界に放送されることが決定。処女作『志麻さんのプレミアムな作りおき』が大きな話題となり第11刷を突破した。
ふだんお家で食べたことのない「タンドリーチキン」、「農家の野菜スープ」、「ラタトゥイユ」、「豚肉のビール煮」、「お米のニース風サラダ」、「ローストビーフ」、「アッシ・パルマンティエ」、「ハヤシライス」、「メンチカツ」、「チョコレートムース」など、フランス家庭料理から、和洋中、エスニック、おやつまで秘伝のレシピが多数収録され、ふだん料理をしない人でも、手早く簡単に作れてしまうというから驚きだ。
冷蔵庫にあるふつうの食材が、なぜ、ワンランク上の「簡単!贅沢レシピ」に変身するのか?これさえ覚えておけば、平日多忙なお父さんお母さんも、尊敬の眼差しを浴びるかもしれない。
今回は、志麻さんに「プロフェッショナル仕事の流儀」の感想を伺いつつ、志麻さんのお母様が志麻さんにどんな接し方をしてきたかに迫ってみよう。(撮影:新居明子、構成:寺田庸二)

お母さんは
志麻さんをどう育てた?

志麻(しま)
大阪あべの・辻調理師専門学校、同グループ・フランス校を卒業し、ミシュランの三つ星レストランでの研修を修了。その後、日本の有名フランス料理店で15年働く。家事代行マッチングサービス「タスカジ」に登録し、1年足らずで定期契約顧客数がナンバーワンとなる。予約表に登録すると30分以内に予約で埋まり、「予約が取れない伝説の家政婦」と呼ばれるようになる。各家庭に出向き、冷蔵庫にある食材で、フランス料理、和洋中など世界各国の料理に腕をふるう。各家庭の家族構成や好みにきめこまやかに応じた料理が人気でリピーターが絶えない。フランス人の夫と生まれたばかりの子どもと3人で暮らす。

編集:「先日の『プロフェッショナル仕事の流儀』の放送では、一瞬でしたが、山口県にいる志麻さんのお母様が映っていました。とっても素敵な笑顔でしたね。清々しさと透明感が印象に残りました。どんなお母様だったんですか?」

志麻:「ずっと看護師をしていたんです。激務だったと思うのですが、ああ疲れたーとか、仕事って嫌よね、などの愚痴を言っているのを見たことがないんです」

編集:「ええ!? そんな人いるんですか?」

志麻:「寺田さん、驚きすぎです(笑)。それから母は、休みの日は、ピアノや編み物、絵などいろんなことを教えてくれました。だから私、仕事をしながら子育てすることにネガティブな印象が小さい頃からなく、むしろ自然なことでした。働くって楽しいという感覚を幼少期から植えつけてくれたのは、今振り返っても、本当に母に感謝していますね。そして何より、小さい頃からお手伝いをさせてくれて、自然と料理を作る楽しさを教えてもらいましたね」