ワールドカップ決勝トーナメント、スペイン対ロシアのワンシーン
世界トップリーグの超一流選手を擁するスペインが、地元リーグ中心のロシアにPK戦の末敗れた Photo:AFLO

メッシ、Cロナも姿を消す
決勝トーナメントの勝負の綾

 W杯は決勝トーナメントの戦いが始まったが、初日にいきなり2人のスーパースターが姿を消すことになった。リオネル・メッシを擁するアルゼンチンがフランスに、クリスティアーノ・ロナウドがいるポルトガルがウルグアイに苦杯を喫した。W杯では、どんなに突出した能力を持った選手がいても、それだけで勝てるわけではないことが証明されたわけだ。

 スペインがロシアに敗れたことも衝撃的だった。試合の主導権を常に握っていたのはスペイン。ボール支配率では76%と圧倒し、24本もの枠内シュートも打った(ロシアは7本)。が、開催国のロシアはスタジアムの埋めたサポーターの熱い声援を背に粘り強く守り、1-1の同点で試合を終える。そしてPK戦で勝利をもぎ取ったのだ。

 いうまでもなく世界で最もサッカーのレベルが高い地域はヨーロッパだが、それを統括する欧州サッカー連盟(UEFA)では各国リーグの世界ランキングを発表している。各国のトップクラブが実力を競う欧州チャンピオンズリーグの結果などから各国リーグのレベルを格付けしたもので、最新(2017~18年シーズン)のトップ10は次の通りだ。