著者累計700万部突破のベストセラー作家で、新刊『大富豪からの手紙』著者、本田健さんと、シリーズ127万部突破の『伝え方が9割』著者、佐々木圭一さんのお2人による「ベストセラー対談」。それぞれの著書に込めた思いと、互いの著作の感想を語り合っていただきました!

「数字」を言葉に入れると、説得力が増す

佐々木圭一(ささき・けいいち)
コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師
上智大学大学院を卒業後、97年大手広告会社に入社。後に伝説のクリエーター、リー・クロウのもと米国で2年間インターナショナルな仕事に従事。日本人初、米国の広告賞One Show Designでゴールド賞を獲得(Mr.Children)。カンヌ国際クリエイティブアワードでゴールド賞他計6つ獲得、など国内外55のアワードを入賞受賞。福岡県クリエイティブディレクター、シェラトンJAPANクリエイティブディレクター、などブランディング、広告CM制作多数twitter:@keiichisasaki Facebook:https://www.facebook.com/keiichisasakitokyo
HP: www.ugokasu.co.jp

本田『伝え方が9割』というタイトル自体も、『伝え方が9割』で紹介されている法則や技術を使って考えたのですか?

佐々木:そうなんです。僕がこの本で伝えたかったのは、「日本人は『内容』をとても大切にするけれど、反面、『伝える』ことを大切にしていない。内容が良いだけでは、世の中の人は振り向いてくれない。だから、伝え方を大切にしよう」というメッセージです。ようは、『伝え方が大切』という意味なのですが、『伝え方が大切』というタイトルでは、弱いと思いませんか?

本田:たしかに、弱いですね(笑)。

佐々木:ですよね。そこで、「ナンバー法」という、「数字に置き換える技術」を使いました。「大切」という言葉をあえて数字に置き換えることで、記憶に残りやすくした。『伝え方が9割』は、『伝え方が大切』の言い換えなんです。

本田:8割でも7割でもなく、「9割」という数字に説得力を感じますね。非常にリアリティがあって、僕も、「これは絶対読みたい!」と思いましたから。『伝え方が6割』だと中途半端だし、『伝え方が3割』だったら、絶対に読まない(笑)。

佐々木:『3分クッキング』という料理番組がありますが、もしあの番組のタイトルが『短時間クッキング』だったとしたら、長寿番組にはなっていなかったと思うんです。

本田:『1時間クッキング』でも、誰も観ないでしょうね(笑)