トップ営業マンだった人でも優れた上司になる人とダメ上司になる人に分かれます
写真はイメージです

トップ営業マンとして活躍している人は「名マネジャー(上司)にはなれない」としばしば言われる。確かに、天才的な営業マンだった人が名マネジャーになるとは限らない。実際、トップ営業マンだった人が昇格してマネジャーになった途端にダメ上司になることも多い。その一方で、優れた上司として活躍する人もいる。その違いは何か。(営業サポート・コンサルティング代表取締役、営業コンサルタント 菊原智明)

トップ営業マンは
名マネジャーにはなれない!?

 スポーツの世界では、しばしば“名選手、必ずしも名監督にあらず”といったことが言われる。例えば、プロ野球で考えると《選手時代はあれほど凄かったのに、監督になったら輝きを失ったなぁ》という人が何人も思い浮かぶ。逆に選手時代に苦労した選手、あまり実績を残せなかった地味な選手の方がいい監督になるケースは多い。

 ビジネスの世界でも“天才的な営業マン”が存在する。

 では、これと同じような状況は、営業の世界でもあてはまるのだろうか?営業職で言い換えれば“トップ営業マン、必ずしも名マネジャーにあらず”という表現になろう。

 やり方は独特で真似できないが、とにかくダントツの成績をたたき出す。とにかく「すごい!」の一言に尽きる。そんな人物は、あなたの会社にも1人くらいはいるだろう。

 そんな天才的な営業マンが昇進した途端、“ダメマネジャーになった”というケースもよくある話だ。