優秀なエリートには共通点がある。彼らは「真面目に、我慢して、一生懸命」ではなく、「ラクして速く」をモットーに、効率よく結果を出し続けている。まじめさと仕事のパフォーマンスは比例しない。24年間で5万人以上のクビ切りを手伝い、その一方で、6000人を超えるリーダー・幹部社員を選出してきた松本利明氏の新刊、『「ラクして速い」が一番すごい』から、内容の一部を特別公開する(構成:中村明博)

部下、同僚にどんどん仕事を任せよう

 仕事を抱え込まないようにするには、仕事を誰かに任せることが必要です。

松本利明(まつもと・としあき)
人事・戦略コンサルタント
外資系大手コンサルティング会社であるPwC、マーサージャパン、アクセンチュアなどを経て現職。5万人以上のリストラを行い、6000人を超える次世代リーダーや幹部の選抜・育成に関与する。その中で、「人の持ち味に合わせた育成施策を行えば、人の成長に2倍以上差がつく」ことを発見し、体系化する。そのノウハウを、クライアント企業にはマネジメントの仕組みとして、社員には具体的な仕事術へと落とし込み提供。24年間で、外資系・日系の世界的大企業から中堅企業まで、600社以上の人事改革と生産性向上を実現する。自らもその仕事術を実践することで、スタッフからプリンシパル(部長クラス)まで8年という驚異的なスピードで昇進する。現在は、企業向けのコンサルティングに加え、「すべてのムダをなくし、自分らしく、しなやかに活躍できる世界」にするため、「持ち味の見つけ方・活かし方」を、ビジネスパーソンのみならず学生にも広めている。「仕事術」「働き方」などのテーマで、メディアへの寄稿多数。また「日本企業の働き方・賃金改革の在り方」について、英国放送協会(BBC)から取材を受け、その内容は全世界に配信された。

 しかし、言うのは簡単ですが、やろうとすると難しいでしょう。

 ・人に任せるより、自分でやったほうが速い

 ・「やりたくない仕事を押しつけられた」と思われたくない

 こうした気持ちが出てくるからです。でも発想を変えましょう。

 仕事を誰かに押しつけて、自分だけがラクをするのではありません。得意な人が得意な仕事をできるように、チーム全体で仕事を再配分するのです。

 誰かが苦手なことは、必ず得意な人がいます。得意な人にやってもらえば、本人も成果を出せるし、モチベーションも上がり、チームとしての生産性も上がります。いいことづくめなのです。

 あなたが手元に残していいのは、「あなたが得意で、あなたにしかできない仕事」だけ。その仕事を通じて、「速くなった、質が上がった、量が増えた、停滞から抜け出せた」という今までにない価値を生み出しましょう。

 大事なのは「振り方」です。丸投げや無茶振りは無責任。「あなたの成長のため」と言っても、相手はそう思いません。

 相手に「苦手な仕事、やりたくない仕事」と思われたら、仕事は受けてもらえません。

「正義」や「大義名分」をつくり、1人のためでなく、「みんなのため」と言うのです。

「みんなが早く帰れるように、段取りや分担を見直そう」

「みんなのため」という言葉を使うと、途端に反対しにくくなります。日本人は「みんなのため」という正義に弱いからです。