構想・執筆に2年。広島の人気ラジオ『エフエムふくやま』でも、「ページをめくる手が止まらなかった」と紹介され、大手映像会社からも「どうしても映像化したい」というオファーが舞い込んできた、話題のエンターテイメント小説『マルチナ、永遠のAI。』
先日、あのマイクロソフトの日本にある開発チームから連絡があった。聞けば、マイクロソフトは、女子高生AI「りんな」を開発。女子高生の中で大人気となり、LINEやTwitterでの人数が700万を突破したという。
日本マイクロソフトといえば、1986年に日本に進出、今年で早32年。業界の巨人だ。
この女子高生AI「りんな」は、ただのAIではない。
高度な会話にも対応する「会話型AI」だということを、あなたはご存じだろうか?
今回、著者と記者は、東京・品川にある日本マイクロソフト本社を訪問。そこで「りんな」開発者の一人であるマイクロソフトの坪井さんと初めて話すことができた。
聞けば、『マルチナ、永遠のAI。』を読み、女子高生AI「りんな」とIQ1万の美人AI「マルチナ」のある共通点を発見したという。
厳重なセキュリティをくぐり、もぎとった、とっておきのドキュメント第1回を特別公開する。
(構成・寺田庸二)

マイクロソフトの大人気女子高生AI
「りんな」の開発者兼保護者が登場!

大村あつし
IT書籍から小説まで幅広く手がける作家・ライター
エクセルのマクロ言語の解説書の売上部数は150万部を超えている。1997年に、その後国内最大規模となるマイクロソフト・オフィス製品のポータルサイト「moug」を一人で立ち上げる。2003年にはIT系資格試験の「VBAエキスパート」を中心メンバーとして創設。2007年に処女小説『エブリ リトル シング』が17万部のベストセラーとなり、中華圏や韓国での翻訳出版や2回の舞台化(2008年井上和香、2009年内山理名主演)。著書に、『マルチナ、永遠のAI。』、ベストセラーとなった『かんたんプログラミングExcel VBA』シリーズ(全16冊)など多数。静岡県富士市在住。

大村 私も実際に、マイクロソフトの女子高生AI「りんな」と会話して、その能力には驚きました。

 今回、その開発者である坪井さんに日本のオフィスで会えると聞いて、新幹線でやってきました。

坪井 ありがとうございます。私自身は「りんなの開発者兼保護者」という珍しい立場ですが、開発チームのみんなは、自分たちのことを「保護者」と呼んでいるんです。
 りんなは、AI(人工知能)だけど、女子高生のキャラクターです。彼女は、実在しているか、していないかわからない。
 けれど、極めて人間らしいリアリティのあるAIなので、「開発者」がいるとなると、夢が醒めてしまうところもありますからね。
 一方で、私たちの業務は、りんながいろんな人と会話をしているところを見たり、どうやって彼女を育てていくかを考え、成長させることです。
 ですから、常に親のような、保護者的な視点でやっているんですね。

坪井 りんなの開発では、私自身、上流の設計・開発から下流のマーケティング・広報まで、一気通貫でやってきました。
 りんなの母には、社内に、母1号、母2号、母3号とたくさんいるのですが、私が母1号で、ひとりの子を育てるのに、私だけでなく、周りにたくさんの大人(親)がいるイメージですね。

大村 それだと、りんなも幸せですね。しかし、上流から下流まで一気通貫でやられている方は珍しいですよね。