「甲子園の心」を求めて高校野球に取り組む監督たち

 宮本秀樹さん(現都立片倉高監督)は『甲子園の心を求めて』に影響を受けて高校の教員そして監督を志した。野津田高から思いがけず都立東大和に異動し、直接道輔さんの薫陶を受けた。1年目の夏の大会後、「連盟の仕事が忙しくてグランドに出られない日が多くなった。宮本君が監督をやってくれ」とあっさり言われ、後継者となった。

「当時の高校野球は、1年生がグランド整備や球拾いをするのが当たり前。練習試合に出るのも上級生やレギュラークラスが中心でした。東大和は違いました。3年生全員がグランド整備をし、同じ練習をして甲子園を目指していました」

 いまでは当たり前になった――全員でグランド整備をし、1日に3、4試合も組んで部員の大半が練習試合に出場できるようにする――といった習慣が根付いた背景に、道輔さんの提案と実践があった。

 上級生がグランドで練習した後、下級生がグランド整備して上級生が帰ってしまう、または横でそれを見ながら話している光景を道輔さんは「高校野球の最も醜い姿」と言ったという。

 ある選手が、やめたいと言って来たとき、自分がいくら話しても気持ちが変わらなかったのに、道輔さんと話した選手がすぐグランドに戻ってきた。後で「どんな話をしたのですか」と聞くと、「甘えるなと言っただけだよ」と言われた。なぜ道輔さんには選手の気持ちがわかるのか。宮本さんがお酒の席で聞くと道輔さんは笑いながら言った。

「真剣にプレーしている選手の横顔をじっと見てみろ。横顔にうそはない。じっと見ているとわかるような気がするんだよ」

 宮本さんが監督を務める都立片倉は今夏、國學院久我山を破り、日大三高を7回2死まで6対3とリードした。だがそこで逆転満塁本塁打を喫し、敗れた。             

 東東京から初めて都立校が甲子園に出場したのは、平成11(1999)年の都立城東高。監督の有馬信夫さんも、名著を読んでその背中を追ったひとりだ。

 甲子園に出場を果たした後、話を聞くと、有馬監督の誇りは甲子園出場以上に、次の高校に異動する前の最後の3年間、約100人いた部員が「ひとりもやめなかった」ことだという。有馬監督の指導は厳しい。練習量も多いし、叱咤の仕方も半端ではない。だが、当時の選手のひとりがこう教えてくれた。