米国のスーパーマーケットチェーンのウォルマートが、VRに関する2件の特許を申請したことが明らかになった。特許内容は「バーチャルショールーム」と、付随するシステムに関するもの。来店客はヘッドセットとグローブを装着し、3Dのウォルマートストアに入店する。自宅からでも店内を自由に歩き、商品を“手に取る”ことも可能。希望の商品はすぐに配送センターから出荷される。

 同社は最近、VRの導入を積極的に進めている。今年2月にはVRスタートアップである「Spatialand」を買収し、新しいネットショッピング体験を追及する姿勢を示している。また、VRを活用したアプリやソリューションのアイデア募集も実施したという。

ウォルマート