最低限やるべきことを
3つメモに書いておく

 大事なアポイントだとわかってはいても、どうしても身が入らない時もある。激務続きでモチベーションが上がらないこともあれば、前日飲み過ぎて二日酔いなんてことも、誰しも一度は経験があるだろう。

金田博之(かねだ・ひろゆき)/1975年山口県下関市生まれ。大学卒業後、グローバルに展開する外資系大手ソフトウェア企業SAPに入社。以来、入社1年目で社長賞受賞、29歳で副社長補佐、30歳で部長に着任、35歳で本部長に昇格。世界全社10万人のなかのハイパフォーマンス(上位2%) を挙げた人物に7年連続で選抜される。2007年、INSEAD大学でエグゼクティブMBAを卒業。現在は、日本の大手製造企業でグローバル新規事業を推進。勉強会を定期的に開催し、参加者は累計1000人を超える。現役のサラリーマンでありながら、これまで8冊の書籍を出版。プレジデント、ダイヤモンド、東洋経済、日経ビジネスアソシエなど各種メディア掲載実績多数。オフィシャルメルマガは2017年にまぐまぐ大賞を受賞。 メルマガ:金田博之のたった一冊のノートで出世する「一流のグローバル人材」への確実な道

 しかし、そういった状況においてもベストのパフォーマンスをするのが、デキるビジネスマン。調子が上がらないときの対処法を金田氏に聞いた。

「どうにもやる気が出ないというときは、私もあります。だからといって、せっかく得たアポイントのチャンスを適当にこなしてはもったいない。なので私の場合は、最低限やるべきことを1~3つ挙げてメモに書いておき、それだけ達成すればOKということにしています」

 モチベーションが上がらないときに、「あれもこれも」と欲張っても、達成する可能性は低くなるだけ。それならばいっそのこと、「少なくともこれだけは必ずやろう」ということを3つ決めて、それに徹するのだ。

「ここで大事なのがメモに残すということです。ノートでも何でもいいのですが、アポイント中も目につくところに置いておきます。すると、『これだけ頑張ればいいんだ』という気持ちになり、結果的にいいパフォーマンスになるんです」

 また、要点を最小限にすることで、心理的にも余裕が出てくる。

「調子が優れない時に準備不足だと、自分の言いたいことが相手に伝わっていないかも…と不安になりがちです。しかし、『これだけは伝える!』ということを事前にまとめておくと、安心して打ち合わせに臨むことができるわけです」

 事前の簡単な準備だけなら、誰でもすぐ実行することができるはず。しかもこのメモ、使い方によっては様々な応用も利くという。

「私は29歳の副社長補佐時代、上司のアポイントに同行する際、資料とともに、メモを用意して渡しました。内容は単純なもので、たとえば、先方が学生時代にラグビー部に所属していたとか、相手の会社の売り上げが回復したとか、ちょっとした情報を書いたんです。アイスブレークに役立ったようで、大変喜ばれました」

 やるかやらないかで、コミュニケーションに大きく差がつく“事前の準備”。観察力を磨くことも合わせて、ぜひ日常のルーティンに取り入れてみてはどうだろうか。