ナインコードの「〇〇」を磨けば、
あなたも「レジェンド」になれる!

 さて、葛西選手が、30代後半でピークをつくることができ、なぜ41歳で過去最高を実現できたのか。
 そして、今現在もその状態を維持できているのか。

 その理由を、彼が「水の一白」であるという条件を踏まえたうえで、「水の一白」としてのナインコードの特性と彼のエピソードを交えてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

 彼の「水の一白」としての姿を見れば感じていただけると思いますが、「水の一白」の人は「柔軟な心」に磨きをかけていけば、どこまでも成長できます。

 なぜなら、時代がどれだけ変わっても、自分がどれだけ年をとっても、その現実を冷静に受け入れながら、時々に合わせた言動ができるからです。

 これは、苦難が多い「水の一白」だけに与えられた特別な気質です。
 もし、本連載を読んでいる「水の一白」の読者がおりましたら、ぜひ葛西選手を見習って「柔軟な心」を磨いてみてください。

 そのヒントは葛西選手の歩んできた旅路にこそあります。

 大事なのは、一人ひとりが自らのナインコードの特性を愚直に磨くことです。

 そうすれば、あなたもおのずと葛西選手のように「レジェンド」に近づくことができるのです。