いつでも、やる気フル充電で仕事に打ち込みたい。
でも人間だから、たまにはミスもするし、
気持ちの浮き沈みは誰にでもある。

外資系教育会社でのフルコミッション営業時代、
世界第2位の成績を残し、
独立後に出版した書籍は
累計200万部超えの作家・和田裕美さんが教える
「調子悪い」と感じたらすぐに実践したい
「モチベーションの立て直し方」とは?

彼女が20年かけて伝えてきたことの集大成である
書籍『何もなかったわたしがイチから身につけた稼げる技術』より
心が風邪を引いたときの特効薬をご紹介。
(まとめ/両角晴香、編集部、著者写真/佐久間ナオヒト)

仕事で失敗した…心が風邪を引いたときの特効薬とは?

心が風邪を引いたときの特効薬

どんなにがんばっても結果が出ない。
誰にも認めてもらえない。

こういうときって、自分のやっていることが不安になりますよね。

自分自身に対しても、「わたしには無理なんだ……」と、否定的になってしまうかもしれません。もう、気持ちも重くてどんよりですよね。

こうなると、やる気もなくなってきて、行動量が低下します。
すると、さらに結果が出なくなり、さらに落ち込む……という悪循環に陥ってしまいます。

これは心が風邪をひいて、そのまま放置しこじらせて悪化させたような状態です。
風邪をひいたときは、安静にして風邪クスリを飲みます。

心の風邪の場合は、いいことに目を向けて明るい方向に意識を向けることが、なによりの特効薬になります。
一番の特効薬は、誰かからのほめ言葉や励まし言葉です。

とはいえ、待っていても、すぐに誰かが「あなたってすごいね!」と言ってくれるわけではありません。うまくいっていないと感じているときは、なおさらそう思って落ち込むことでしょう。

こんなとき、すぐに自分で使える「特効薬」があるんです。