副業を認めるにあたって企業が留意したいこと
副業を認める企業が増える中、従業員が副業先で本業の顧客の引き抜きを行う可能性も…!?(写真はイメージです)Photo:PIXTA

「副業禁止」の税理士事務所で働く田中は、年金事務所からの問い合わせで副業がバレてしまう。その後、取引先の社長から連絡があり、副業先で顧客の引き抜きを行っていたことが判明。所長は就業規則違反の田中に懲戒解雇を言い渡すが、この解雇は認められるのか?副業を認める時代の中で、企業が抱える問題点も合わせてお伝えしたい。(特定社会保険労務士 石川弘子)

O税理士事務所概要
25年前に創業した税理士事務所。地域では、親切で仕事が丁寧と評判の事務所で、職員数は20名ほど。50代の所長を中心に、若手税理士が活躍中。
登場人物
山形:20代半ばの男性。大学卒業後、O税理士事務所に就職。税理士を目指して勉強中。先輩の田中とペアで仕事をすることが多い。
田中:30代後半の男性。大学卒業後、一般企業に勤めながら税理士試験に合格した後、O税理士事務所に転職。顧客の前では愛想がいいが、同僚に仕事を押し付けるところがあり、人望がない。妻と中学生になる娘がいる。
岡山:内勤事務のリーダー。田中と同世代の女性。真面目で丁寧な仕事ぶりから、所長の信頼も厚い。
所長:創業者で50代の男性。20代で税理士試験に合格し、30代で独立。着実に事務所を拡大し、地域の評判も上々。いつもは温厚だが、仕事に対しては厳しい一面もある。

グチの多い先輩が所長に叱られ
陰で後輩に八つ当たり

 顧客訪問の帰り道で、田中は助手席から運転中の山形に声をかけた。

「山形、さっきの件よろしく。早くやらないとあそこの社長はうるさいからな」
「わかりました」
「ところでうちの事務所、安い給料でやってられないよなあ。所長なんかベンツ乗り回して、ゴルフしているだけで高い給料とってるからな。所長のような生活がしたいよ」