紙に書いた「10年計画」があればブレることがない

山下誠司(やました・せいじ)
(株)アースホールディングス取締役(株)サンクチュアリ代表取締役
日本最大級の240店舗を展開する美容室「EARTH(アース)」を運営する、(株)アースホールディングス取締役[スタッフ3000名、年商180億円]。うち70店舗をフランチャイズ展開する、(株)サンクチュアリ代表取締役も兼任。(株)サンクチュアリは、自社から輩出したフランチャイズ30社とともに、関東、甲信越、東海、北陸、北海道、福岡で展開[スタッフ900名、年商50億円]。1976年、静岡県生まれ。高校卒業後に上京し、19歳で年収180万円から美容師を始め、31歳で年収1億円を超える。19歳から23歳まで、ほぼ休みなく仕事をし、24歳から39歳までは、始発から終電まで365日、15年間、1日たりとも休みなく仕事。40歳からは、仕事と遊びの壁が、完全になくなる。愛車は、フェラーリ488スパイダー。趣味は「仕事」。

私は「10年計画」を「手帳」「トイレ」「ロッカー」「パソコンのデスクトップ」など、いたるところに貼り付けて、毎日、「朝」と「晩」の2回、必ず見るようにしています。すると、「毎日、目標を再確認すること」ができます。

「2028年までに、この計画を実行しなければいけない」と、毎日、再確認できれば、「自分の進むべき方向」がブレません。すると、寝ている間すらも、脳が勝手に仕事をしてくれるようになって、突然、ビジネスアイデアを思いつくこともあります。
「10年計画」を見れば、計画が書いてあるのですから、今、計画より進んでいるのか、遅れているのかが、今の地点から一目瞭然になります。

たとえば、「2020年までに、あと5店舗つくらないと、計画から遅れてしまう」としたら「いつ、何をしたら店舗数を増やすことができるのか?」を具体的に考えて対策を講じることができるようになるわけです。

これが、「紙に書いた計画」がなく、頭の中だけで目標を立てると「フワッ」としてしまい、具体的な対策を講じる意識が働かず、ずるずると、時間だけが過ぎていきます。

「紙に書いた計画」があれば、「余計な迷い」をはさむ余地はありません。遅れていれば取り戻すべく努力する。進んでいれば、もっと早めるか、キープするだけです。
これが「極(ごく)シンプル」にするための、「鬼のルール」なのです。
実際に私は、計画より早いペースで目標をクリアして、31歳のときに「年収1億円」を達成することができました。

私たちは、時間の中に生きています。目的地が決まっていなくても、人生は刻々と進んでいってしまいます。「光陰矢の如し(こういん・やのごとし)」です。「こうしたいなぁ」と思っていても、10年ぐらいは、まさに「アッという間」に過ぎ去ってしまうのです。
そうならないためには、「目的地」を明確に決めて、到着までの計画を「数字」で考えて、「紙に書く」ことをし、それに沿って、極(ごく)シンプルに進めるのです。

「それで、本当に年収1億円になるのですか?」と思う方がいるかもしれませんが、これこそが、「年収1億円」になるための、最短ルートの方法なのです。