「元銀座ママ」おばあちゃんの人生相談
「元銀座ママ」おばあちゃんの人生相談

 社交ダンス経験はもちろん、介護経験も持つスタッフが担当。安全性や体力面への気配りをしながら、依頼男性のペースに合わせた練習相手を務めている。

 父子家庭で育った女性Cさんは、父親に思い切って未婚の母になる決意を告白する際に同席してもらえないかと、OKおばあちゃんに依頼した。両親が揃っている家庭では母親が父と娘の間を取り持つ役割を担うことも多いだろうが、父娘との1対1では意見が対立してしまう心配もある。そこで、母親経験を持つスタッフが同席することで、Cさんは心強い気持ちで告白することができた。

 この他にも、育児中の若い母親のサポート、独身男性の朝食のお世話、高齢女性の同世代の友人としてのパーティ参加など、幅広い年代の人からのさまざまな依頼に対応している。

女性ばかりの便利屋が乗り出した
シニア層の経験と知恵の活用

 OKおばあちゃんのサービスを提供しているのは、女性ばかりの便利屋「クライアントパートナーズ」。お客様の様々な困り事・悩み事に対してオーダーメイドのサービスを提供している会社だが、肉体労働のイメージが強い一般的な便利屋とはひと味違う。婚活パーティへの同行、孤独な主婦の話し相手、引きこもりの人が外に出る後押しなど、女性スタッフが依頼者の心の問題にきめ細かく対応する点が特長で、「心の隙間を埋める女たち」と形容されることも多い。

 同社は代表取締役を務める安倍真紀さんが10年前に起業し、初めは若手スタッフ中心に事業の成長を図ってきた。一方で、当初からシニア人材の活用を視野に入れており、数年前に満を持してOKおばあちゃんのサービスをスタートさせた。