歩くたびにおっぱいが大きくなるマシーンのイメージ
写真はイメージです Photo:PIXTA
『無駄なことを続けるために -ほどほどに暮らせる稼ぎ方-』書影
『無駄なことを続けるために -ほどほどに暮らせる稼ぎ方-』 藤原麻里菜著 ワニブックス刊 1296円(税込)

「歩くたびにおっぱいが大きくなるマシーン」「インスタ映え台無しマシーン」「全ての者が裸に見えてしまうメガネ」「土下座しても悔しくならない無駄装置」「一人でもコックリさんが出来る装置」など、200以上の「無駄なもの」をつくり、YouTubeで6万人以上、Twitterで5万人近いフォロワーを誇る、発明家の藤原麻里菜さん。

 本書『無駄なことを続けるために』はそんな彼女の初著作。「無駄づくり」をはじめるまでの経緯や、どう多様なオンラインプラットフォームを活用してきたか…の試行錯誤が綴られている一冊です。

友達だと思っていた子の
誕生日パーティーに呼ばれなかった

 お笑い芸人を目指して芸人養成所に通い、現在もよしもとに所属する藤原さん。きっと文体も笑わせてくれるもののはず…と期待して手に取りましたが、笑いを狙った文章はほとんど見受けられず、むしろ、読んでいくなかで何度も「まじめかっ!」とつっこみを入れたくなるほど…。