世界のビジネスエリートは「悩む」ことにエネルギーや時間を使いません
世界レベルのビジネスエリートは「悩む」ことにエネルギーや時間を使いません(写真はイメージです) Photo:PIXTA

世界レベルのビジネスエリートたちは、強靭なメンタルを持つ、いわば“メンタルエリート”でもある。そんな彼らメンタルエリートの生態と彼らに近づくためのメンタルワークについて、実際に「元プロ外資系OL」として海外グローバル企業で働いてきたメンタルコーチの筆者が解説する。(著述家、キャリア&人間関係コーチ ずんずん)

メンタルパワーは何をしていても消費される

 こんにちは、ずんずんです。

 私たちは誰でも「心のエネルギー」というものを持っています。いわゆる精神力と言われるものです。

 これが、毎日の仕事を回していく上でも大きな原動力になっているものだと言えます。

 この精神力の単位をここでは「MP」とします。魔法とかを使うマジックポイントではありません。メンタルの力、メンタルパワーです。

 このメンタルパワーは何をしていても消費されていきます。

 仕事をしていても、上司に小言を言われても消費しますし、親から電話がかかってきて金の無心などされるとめっちゃ減ります。逆に、親しい友人と遊んだり、ジムで胸筋を鍛えたり、一人でカラオケに行ったりするとめちゃくちゃ回復していきます。

 こうして人は誰でも「100」のMPを心に備えています。

 あなたもメンタルエリートもそれぞれ持っているMPの大きさは同じです。

 しかし、この使い方とそれを作り出す能力の違いによって、凡人とメンタルエリートでは、日々のMPレベルに大きな差が生まれているのです。