アウディA7スポーツバック 55TFSIクワトロ1stエディションリアビュー1stエディションは60km/hで逆位相/同位相を切り替えるダイナミックオールホイールステアリング(4輪操舵)採用

 低いシングルフレームグリルと個性的なLEDヘッドライト、ダイナミックなインテークで構成されたフロントマスクは精悍だ。左右を一体に結びつけたテールライトのデザインは、低い全高とボディのワイド感を強調し、他に類のない個性を見せる。

 インテリアは素晴らしくモダンでスタイリッシュだ。単にデザインが新しくなったというだけではなく、ワンクラス上のジャンルにジャンプアップしたような印象を受けた。

 単純な言葉で表すならば、「抜群にお洒落」といえるだろう。

アウディA7スポーツバック 55TFSIクワトロ1stエディションのインパネデジタルディスプレイ操作パネルによってスイッチ類は極限まで減少 16スピーカーのバング&オルフセン・サウンドシステム標準装備
アウディA7スポーツバック 55TFSIクワトロ1stエディションの前席
アウディA7スポーツバック 55TFSIクワトロ1stエディションのリアシート室内長は旧型比21mm延長して後席ニールームと頭回りが拡大 後席は3分割可倒式 半ドア防止のオートクロージングドア標準装備