米大統領経済諮問委員会(CEA)のケビン・ハセット委員長は3日、成長鈍化や通商摩擦の激化を背景に、収益の大部分を中国に依存する米企業は、向こう数カ月に逆風に直面する可能性が高いとの見方を示した。  金融市場では、とりわけ中国など、海外経済の減速への懸念が高まっているものの、米経済は堅調なペースで成長が続くだろうとした。