写真はイメージです Photo:PIXTA

 世界的な株安傾向が2018年10月以降、続いており、2019年年初の株価急落もその流れだ。

 米国経済が好調だったこともあって、世界経済は順調に拡大を続けていると考える人も少なくなかったはずだ。しかし、実際のところは、景気が堅調なのは、トランプ減税の効果がでている米国だけで、昨年の年明け以降、欧州も中国も成長ペースは鈍化していた。

 そうした海外の成長減速もあって、日本の実質輸出と生産は、2018年前半から横ばい傾向が続いている。それでも日本の景気がなお緩やかな拡大局面できたのは、好調な企業収益を背景に設備投資が拡大を続けていたためだ。

 だが今年も景気拡大は持続するのかどうか。カギは製造業の設備投資だ。