ついつい使っているかも!?
悪印象を与える受け答え

(2)侮辱
「だからダメなんだよ」「バカじゃないか」「何にもできないなぁ」

今の時代はパワハラにも繋がる言葉です。本人はそんなつもりは無く、軽く使っているつもりかもしれません。

しかし、これは相手の人格否定や全否定に繋がります。

相手を全否定する言葉は絶対に使ってはいけません。指摘をするときは相手の人格ではなく、行動や考え方を正すようにしましょう。

(3)防御
「私のせいじゃない」「そういう意味じゃない」「悪いのは私じゃない」

自分に責任を負わされないように守りの姿勢に入る言葉です。責任ある立場を任されそうになると、防御して受け入れない。相手の言葉を聴き入れないのも防御姿勢です。

(4)逃避
「もう時間が無いから」「それは他の人に聞いて」「それは私じゃない」

とにかく、その場から逃げて責任を逃れようとする姿勢が見えます。
誰かが話しかけても、「ごめん時間がないから」と都合が悪いことからは逃げます。

もちろん、タイプ別でその傾向も変わります。
ガツガツタイプ(いわゆる積極的なタイプ)は(1)(2)が出やすい傾向があり、やわらかタイプ(貢献欲求が強いサポートタイプ)は(3)(4)が出やすい傾向があります。

誰もが、どれかに心当たりがあると思いますが、最強なのは否定からの侮辱や、防御からの逃避の組み合わせです。

ニュースや、SNSで炎上するようなコメントは、この事例に当てはまっているような気がしませんか?

あなたも受け答えをするときには、この4毒に気をつけてみてください。