値上げ率1位の竹原市は4割超の値上げ

 2016年度の水道料金を15年度と比べると、1年間で30市町村が1割の値上げをしている。

 値上げ率1位の竹原市(広島県)は、水道料金収入が年々減少し、現行料金制度のままでは減少幅も大きくなっていくと判断して、16年10月使用分から4割強の値上げに踏み切った。料金の改定は1994年以来。14年度末時点で法定耐用年数の40年を経過した老朽管が34.4%を占め、管の耐震化率はわずか5.4%。なお、本ランキングの値上げ率は16年度における対前年度比。年度ごとに上位の顔触れはガラリと変わる。