深作秀春氏は、日本最大級の眼科である深作眼科の院長。これまでに15万件の手術実績があり、様々な手術方法を開発したことで海外でも高い評価を受けている。レーシック手術を日本で初めて成功させた医師としても知られている。
深作院長によれば、老年期にほぼすべての人がかかる「白内障」も、世界最先端の「眼内レンズ手術」をすれば、裸眼で生活できるまでに視力が回復するという。正しい知識を吸収すれば、人生100年時代を裸眼で生きることも可能な時代になったのだそうだ。
しかし、日本の眼科治療は海外に比べて遅れており、間違った常識や誤った治療法がまかり通っているのだという。我々は、あまりにも大切な「目」について無知なのだ。
このたび、ダイヤモンド社から『世界最高医が教える目がよくなる32の方法』を上梓した深作院長が、目がよくなるポイントをわかりやすく解説していきます。

プールの後に目を洗うのは
とても危険な行為

深作秀春(ふかさく・ひではる)
1953年、神奈川県生まれ。運輸省立航空大学校を経て、国立滋賀医科大学卒業。横浜市立大学附属病院、昭和大学 藤が丘病院などを経て、1988年に深作眼科を開院。アメリカやドイツなどで研鑽を積み、世界的に著名な眼科外科医に。白内障や緑内障等の近代的手術法を開発。アメリカ白内障屈折矯正手術学会(ASCRS)にて常任理事、眼科殿堂選考委員、学術賞審査委員などを歴任。ASCRS最高賞をこれまでに20回受賞。横浜と六本木に開設された深作眼科は日本最大級の眼科として知られ、スーパードクターとして15万件の手術を経験している。2017年、世界最高の眼科外科医に贈られるクリチンガー・アワードを受賞。

日常の生活でよく見かけることですので注意をしておきます。例えば、プールに入った後に目を洗う方が今でもいます。先日見たテレビのコマーシャルでは、花粉や汚れなどを取るために使う目の洗浄液を宣伝していました。田舎の眼科では稀に見ることもある「目を洗う」行為ですね。

「目はむき出しの臓器」です。これが非常に大切なポイントです。むき出しですから、外からの刺激に弱いのです。外からの刺激から目を守ることが、何より重要です。
学校などの公共のプールには、目洗い場が付いている施設もあります。でも、水道水で目を洗ってはいけません。よっぽど目にゴミが入った時以外は、目というものは洗ってはいけないのです。

涙の成分の中に乾燥を防ぐ油性分や、ムチンなどの角膜を守ってくれる成分があります。目を水で洗うと、これが洗い流されて、角膜が傷みます。
また、水道水は無菌ではありません。浄水場を通ってきて、消毒もされているのだからきれいだろうと思われるかもしれませんが、一定の菌数以下というだけで、無菌ではありません。地方によっては、アメーバー原虫もいる場合があります。さらに消毒用の塩素も残っています。ですから、目を洗うと、大事な目の成分が流されて、汚染されている水道水で汚されるのだ、と考えてください。

参考記事
目を激しく動かす「眼トレ」は、
やってはいけない