img

折り曲げられるスマホ「FlexPai」 筆者撮影

 1月8日から11日までラスベガスで開催された「CES 2019」。モバイルの展示会といえば2月のMWCが本番とはいえ、CES会場にも最新スマホが一堂に会していました。その中で見えてきた2019年のスマホトレンドは、「折り曲げ」「パンチホール」「5G」です。

●「折り曲げスマホ」はタブレットの一種か

 CES 2019全体を通して大きな注目を浴びたのが中国メーカーRoyoleによる折り曲げられるスマホ「FlexPai」です。

 有機ELディスプレーの「曲げられる」という特性を活かし、最近では画面の両端をカーブさせたスマホが増えています。それに加えて、二つ折りにできるスマホが登場しつつあります。

 実機を手に取ってみるとスマホとしての実用性はやや厳しいものがありました。折り曲げてもぴったりとは重ならず、厚みが残るためスマホのようにポケットに入れることは難しいのです。

img
折り曲げられるが、ぴったり重なるわけではない

 しかしスマホではなく「折り曲げられるタブレット」と考えれば面白い製品です。Royaleはこのモデルをまずは開発者向けに販売しています。折り曲げられるという特徴を活かしたアプリが出てくるかどうかが、普及の鍵になりそうです。

●全画面化の救世主「パンチ穴」が人気

 スマホの大きなトレンドとして、画面占有率を高めることによる「全画面化」が進んでいます。2019年は、iPhone Xが採用して賛否両論となった「ノッチ」(切り欠き)をなくす方向に向かうでしょう。

 ノッチが必要な理由はフロントカメラやセンサーの存在です。そこでOPPOの「Find X」のように、フロントカメラを可動式にするというアイデアがあります。レノボのブースに展示された中国向けスマホも、この構造を採用していました。

img
レノボの中国国内向けスマホ「Lenovo Z5 Pro」。Snapdragon 855搭載モデルも

 フロントカメラの問題を「両面ディスプレー」で解決したのが「Nubia X」。本体背面にも画面をつけることで、リアカメラで自撮りができます。その結果、本体前面にカメラが不要になり、全画面化できたというわけです。

img
本体背面にディスプレーを搭載した「Nubia X」

 こうした大がかりなギミックよりも普及しそうなのが、「パンチホール」デザインです。画面内にフロントカメラを内蔵しており、パンチで穴を開けたように見えるのが特徴です。

img
画面左上にフロントカメラを埋め込んだ「Honor View 20」

 画面内に穴があるため、全画面にコンテンツを表示した場合にはさすがに目立ちます。それでもノッチよりはマシということで、好評の声が多いようです。

img
たしかに穴はあるものの、ノッチよりは目立たないとの声も。

●「5Gスマホ」の姿が見えてきた

 2019年のモバイル業界で大きな話題の1つが「5G」です。日本でも2019年9月にドコモがプレサービスを開始することを発表しています。

 Qualcommによれば2019年に30機種以上の5G対応端末が出てくるとのこと。CESのブースにはOPPO、Vivo、Xiaomiといった中国メーカーによる5G対応スマホが展示されました。

img
中国メーカーによる5G対応スマホ。いずれも6GHz未満の周波数(Sub6)対応とのこと。

 5Gスマホで気になるのは「どの5Gに対応しているか」という点です。というのも、5Gには現在の4Gに近い6GHz未満の周波数帯のほかにミリ波と呼ばれる高周波数帯もあり、国やキャリアによって利用する周波数が異なります。

img
Qualcommによるミリ波アンテナを搭載したリファレンスデザイン。

 そのため、最初の5Gスマホはキャリアや対応地域が限定された状態で登場することになりそうです。まずは2月20日のサムスンによるUNPACKEDイベントやMWCで、各メーカーによる5G対応端末の正式発表に期待したいところです。