メールPhoto:PIXTA

――筆者のクリストファー・ミムズはWSJハイテク担当コラムニスト

***

 若者は面倒くさくて古風な手段だと思うだろう。しかし、あらゆる業界のブランドやクリエイター、企業の間で、最近オーディエンスに働きかける手段として人気上昇中なのが、インターネットに残された唯一の信頼できる情報発信手段、すなわち電子メールだ。

 消費者向けのメール配信サービスは登場してほぼ30年。だが最も熱心なファンがいま語る言葉に耳を傾けると、そこから最大の恩恵を受けるはずの人々があまりにも長く放置してきた、ある種の「未知の世界」だとわかる。「#deletefacebook」(フェイスブックを削除せよ)運動に象徴される、人々が何を見るかを命じようとするアルゴリズムに反撃するための手段でもある。フェイスブックとは異なり、メールは友人や家族、多様なコミュニティーから便りをもらうほか、読者が受信することに同意したものだけを整然と時系列に受け取る仕組みなのだ。