面倒くさくて古風な手段と思われがちだが、あらゆる業界のブランドやクリエイターらの間で今、見直されているのが電子メールだ。