無料Wi-Fiスポットは
「鍵付き」で使用すること

 ショッピングモール、カフェ、駅、鉄道車内、空港など、無料Wi-Fiスポットが増えつつある。外出時に、無料Wi-Fiスポットを積極的に利用しているという人も多いだろう。ところが暗号化されていないWi-Fiスポットは、意外にも少なくない。そんな場所にいる時、みなさんは、メールやネットへのアクセスに気を付けているだろうか。

 暗号化されていないスポットの見分け方は、鍵マークがついていないことだ。そんなスポットで、これらにアクセスすると、通信内容が筒抜けになってしまう。SNSのログイン情報が漏れて不正アクセスされたり、ニセアプリのダウンロードページにアクセスさせられて、スマホを乗っ取るウイルスに感染させられることもあるという。

 安全に使うためには、キャリアが用意しているWi-Fiスポットや、鍵付きのスポットを見つけて優先して使ったりするのがオススメだ。なお、スポット名(SSID)は自由に変えられるため、実在のスポット名などに似せたものに偽装していることがある。利用前に必ず確認してほしい。また、鍵マークがついているWi-Fiでも、多くの人が利用するスポットで接続すると、「プライバシーに関する警告」がWi-Fiの設定画面に表示されるので、使用時は確認するといいだろう。

 時には、鍵マークがついていなくても無料Wi-Fiスポットを使用したいことがあるだろう。利用者の情報を簡単に盗まれる恐れがあるため、セキュリティソフトを入れておけば、リスクは低くなる。

 PCやスマホに入っている個人情報はいつも様々な手口で狙われていると思った方がいい。対策は万全にした上で、無料Wi-Fiスポットの利用には注意をしてほしいと思う。