高級ホテル満足度ランキング!3年連続で1位となったホテルは?
「このホテルを選んでよかった」と思った決め手は?(写真はイメージです) Photo:PIXTA

J.D. パワーは、昨年11月に「2018年ホテル宿泊客満足度調査」の結果を発表しました。この調査は、1泊あたりの正規宿泊料金や客室面積によってホテルを4部門に分け、それぞれの部門の中で宿泊者の満足度を測定しているものです。今回は4部門のうち、いわゆる“高級ホテル”と呼ばれる1泊3万5000円以上のホテルにスポットを当て、2018年の傾向を読み解いていきましょう。

 顧客満足度に関する調査機関J.D. パワーは、今回で13回目となる「2018年ホテル宿泊客満足度調査」を発表しました。

 調査の聞き取り要素は、「予約(*1)」「チェックイン/チェックアウト」「客室」「F&B(料飲)(*2)」「ホテルサービス(*3)」「ホテル施設」「料金」の7つ。対象のホテルグループ・チェーン(計184ブランド)を正規宿泊料金や客室面積をもとに「1泊3万5000円以上部門」、「1泊1万5000円~3万5000円未満部門」、「1泊9000円~1万5000円未満部門」、「1泊9000円未満部門」の4部門に分け、1000ポイント満点で総合満足度を算出しています。

 調査は2018年の8月に実施。全国の18歳以上の男女2万5237名を対象に、直近1年間に宿泊したホテルでの経験やサービスに対する評価を尋ねました。今回は4部門の中で最高級クラスに該当する「1泊3万5000円以上部門」のホテルランキングを見ていきましょう。

*1:電話及びウェブサイトを通じホテルもしくはホテルグループ・チェーンに直接行った予約
*2:レストラン、バー、ラウンジ、朝食会場、ルームサービスのこと
*3:ビジネスセンター、レジャー・フィットネス施設、温泉・浴場施設、インターネット、ランドリー、送迎サービス、スタッフによる案内のこと