人を動かすには「15秒で伝える」ことを心がける!
元人気DJ、さらに不動産会社でのトップ営業やベンチャー企業で取締役営業本部長を経験、そして、現在はトップ講師プロデューサーとして、延べ2万人を指導している話し方のプロが教える新刊、『相手のキャラを見きわめて15秒で伝える!』
この著書の発売を記念して、研修などで教えているノウハウや、すぐに使えるワザをご紹介します!
営業職はもちろん、部下や上司とのコミュニケーションで悩んでいる人は必見です。

「できれば叱りたくない」
そんな人も知っておきたい!

この連載の第1回はコチラ

新入社員が入ってくると、先輩や上司としては教育をすることが必要になります。しかしミスに対して、その場面で、怒ったり叱ったりするのはご法度です。

今の時代に必要なのは、怒る、叱るではなく、「フィードバック」です。
一体、何が違うのか?

少し前の時代には、「怒るのではなく叱るのが正しい」と言われていたこともありました。

怒るは感情に任せて腹を立てている状態を言い、叱るは相手の欠点を強くとがめたり、戒めたりすることを言います。感情に任せるのではなく、相手のことを思って欠点を指摘するということです。

しかし、叱られている本人からするとどう思うでしょう?
結局、自分のダメなところを強く突かれて嫌な思いをするだけです。
怒るも叱るも、受ける側からすると結局ダメ出しをされているに過ぎないと思うのです。
受け取り方によっては、パワハラを受けた、侮辱されたと思われてしまうこともあります。

そこで、大切な考え方が、「フィードバック」をするという考え方です。

フィードバックとは何か?

これはダメな部分を指摘するだけではありません。
相手の良い部分もしっかり認めた上で、至らない部分もしっかり認識してもらうやり方です。
その上で、どのようにすれば、より成長できるのかの目指す姿を見せてあげるのです。