――筆者のクリストファー・ミムズはWSJハイテク担当コラムニスト ***  25日に開催されたアップルのイベントでは、ティム・クック最高経営責任者(CEO)をはじめとする同社幹部や有名人らが登壇し、ポジティブな社会的メッセージを発した。  そのメッセージは、消費者に債務管理を啓発するクレジットカードから、米国に暮らす移民の悲喜こもごもを描いたテレビ番組に及んだ。イベントを通じてとりわけ強調されたのが、プライバシー保護に対するアップルの熱意だ。  イベントの閉幕にあたり、アップルのマーケティングに精通した人ですら想定していなかった瞬間が訪れた。