個人の社会貢献のかたちを変えるかもしれないと期待されています
個人の社会貢献のかたちを変えるかもしれないと期待される「actcoin」の仕組み。iOSアプリは1月末にリリース済みだ

信頼性の高いボランティア情報を網羅、他のボランティアたちや企業・団体ともつながれ、さらに行動するとポイントのような独自コインも付与されるという、ユニークな社会貢献の無料サービスが誕生した。個人の社会貢献活動に新しい息吹をもたらすサービスだ。

社会貢献に新潮流を
もたらすサイトがオープン

「社会に対して何か貢献したいが、何をすればよいかわからない」

 そんな人のための、ボランティア活動や寄付などの社会貢献活動を可視化する無料サービス「actcoin(アクトコイン)」が登場し、話題となっている。

 同サービスは、「より良い世界を作るために 愛と勇気とお金の等価交換を実現する」ことを目指し、ソーシャルアクションカンパニー株式会社が開発。プラットフォームに登録されている社会貢献活動情報をもとに何か行動を起こすと、ポイントのような独自コイン「actcoin」(仮想通貨ではない)が付与される。

 特徴は、社会貢献に関する「3つの見える化」にある。

 その1つ目は、「企業・NPO・行政が募集している社会貢献活動の見える化」だ。

 内閣府の「平成28年度 市民の社会貢献に関する実態調査」によると、ボランティア活動参加を妨げる要因の第2位は「ボランティア活動に関する十分な情報がない」(39.8%)だ。

 そこで同サービスは、NPOなどの活動を支援する日本財団CANPANプロジェクトとの連携によって、信頼性の高い企業・NPO・行政のプロジェクト・寄付情報をプラットフォームに掲載し、「いつ・どこで・どんな社会貢献活動ができるか」を簡単に入手可能とした。これまで「ボランティア活動に関心があっても、どこで情報を得たらよいかがわからなかった」という人たちも、行動を起こしやすくなっている。

 掲載されているプロジェクト情報は、「障がい者スポーツ教室のボランティア」「途上国の教育格差に挑むNGOの活動報告会」「高校生と関わるボランティアプログラム説明会」など多彩だ。