まるで“浮き輪”のようなお腹まわり・・・このポッコリお腹をなんとか凹ませたい。
でも、「あんまり頑張らずに」ってのが人情ですよね。
運動すれば痩せるのはわかってる。
けれど、それができない。やりたくないんですよね。
わかってます、わかってますとも!
その体脂肪、運動ナシでも落とせる方法を教えましょう。

私の1日2食の1週間

 私は35年前の1984年、34歳のときに初めて断食を経験して以降、朝食抜きの1日2食を続けていますが、前回の連載から月曜日から日曜日までの1週間、どこでどんなものを食べているのかを具体的に紹介しています。
 前回からの続きの食事内容をご紹介しましょう。
 朝はコーヒーに生クリームを入れて飲むだけで何も食べません。

水曜日・木曜日
 水曜日と木曜日は午前中から高雄病院での診療で、昼食は患者さんにお出ししている糖質制限の給食(糖質10~12g程度)を食べています。

 水曜日は「夜診」を終えるのが、午後8時頃になります。妻が仕事を終えてから娘も合流して、家族3人で午後9時前後から『やいたん』というお好み焼き店に行くことが多いです。
 私が長年、糖質制限を続けていることを知っている人は、「えっ、お好み焼きって小麦粉(糖質)を使っているのでは?」と驚かれたかもしれません。
 しかし、わが家ではお好み焼き店で、お好み焼きを頼みません(2度驚かれたかもしれませんね)。あくまで「鉄板焼き」のお店として利用しているのです。

 前菜に冷や奴だし巻き卵生キャベツなど、主菜にピリ辛ソーセージチーズトマトオムレツとん平焼きサンマ野菜炒めなどを注文して、家族でシェアします。
 お店側にとっても、お好み焼きで満腹になるよりも、あれこれと単品オーダーするほうが客単価は高くなっているはずですから、迷惑ではないでしょう(笑)。

 たまにステーキハウス『フォルクス』に行くこともあります。
 ここではヒレサーロインのステーキ200gを注文し、セルフサービスで食べ放題のサラダバーを追加します。
 糖質が少ない葉物野菜やブロッコリーなどの緑黄色野菜を中心に、バランスよく自分で盛りつけます。
 それでも少し足りないと感じたら、鶏のグリルを頼んで家族でシェアします。
 ステーキやグリルに付随する根菜類のジャガイモニンジンは、やはり糖質が多いので食べません。
 スープバーも、糖質が多いポタージュクリームスープは飲みません。
 木曜日の夜は、前回紹介した火曜日と同じように、自宅で鍋や鉄板焼きをします。

金曜日・土曜日
 金曜日と土曜日は、朝から江部診療所で外来診療です。
 昼食は、インターネットで購入して冷蔵庫に入れてある冷凍の糖質制限食を、電子レンジでチンして食べています。
 頻繁に食べているのは、糖質制限食の通販サイト『糖質制限ドットコム』(www.toushitsuseigen.com)のビーフシチューやハンバーグです。
 糖質オフのビーフシチューは「糖質1・2g」、煮込みハンバーグは「糖質2・8g」。
 ボリュームがあるので、主食や副菜をつけなくても満腹になります。
『糖質制限おたるダイニング』(www.ofk-ec.com)の「牛丼」や「カツカレー」もお気に入りで食べています。
 ご飯の代わりに「大豆米」を使っており、牛丼で「糖質11・0g」、カツカレーで「糖質9・7g」に収まります。

 金曜日の夜は自宅で食べることもありますが、家族で外食もします。よく行くのは自宅から徒歩で行ける小料理店です。
 よく注文するのは刺し身サーモンのバター焼き丹波地鶏の炭火焼きエビとアボカドのタルタルネバネバ系のイカオクラ納豆野菜サラダなどで、ご飯やそばなどは食べません。
 また、ボトルキープしてある焼酎を飲んでいます。

 土曜日の夜は、家族と自宅で鍋か鉄板(ホットプレート)焼きです。
 金曜日に自宅で食べたときは、土曜日を外食にすることもあります。

日曜日
 日曜日は休みなので、昼も夜も自宅で食べています。内容は火曜日、木曜日、土曜日とだいたい同じです。土曜日に鍋をしたら、残りを昼に食べることもあります。
 私は週末を中心に年30回ほど、全国各地で講演をしています。
 講演テーマは糖質制限ですから、主催者が懇親会を開いてくれるときも、焼き鳥店やしゃぶしゃぶ店、ブッフェレストランのように糖質制限がしやすいところを選んでくれます。

(次回へ続く)