令和の時代に入ると、社会環境は平成の時代以上に、急激な変化を迎えます。AIの進化が本格化するので、社会も個人も変わらざるを得ないのです。

 その時代、ユーチューバーのように「時給1000円ではなく、1万PVを集めれば1000円の収入」といった、お金の稼ぎ方の根本を体験する仕事は、働くという行為に対するパラダイム転換になります。そして、「いかに世間を注目させるコンテンツを生み出せるか」というセルフプロデュースの仕事をしておくことは、重要な経験です。

 さらに動画編集から集客まで、一定水準のITリテラシーがなければユーチューバーの仕事は成立しません。ユーチューバーは半年やるだけで、新しい時代に必要な3つのスキルのかなりの部分が経験できるのです。

 一方、キャバ嬢やホストというと水商売の最先端というイメージがあり、敬遠する人が多いかもしれません。しかし、人間の欲望がうずまく世界で他人を動かしていくこれらの仕事に就くことで、得難いスキルが身に付きます。とにもかくにも、コミュニケーションスキルをこれほど実践的に吸収できる職場はないでしょう。

令和は「平穏」ではない
君たちはどう生きるか?

 もちろん、これらは極論かつ暴論ではあるので、安全な人生を送りたい人は、考え方のエッセンスだけ学び、「普通の人生」を選ぶという選択はもちろんアリでしょう。

 さて、話をまとめます。十連休が明ければいよいよ本格的に令和の時代が始まります。そして2020年代は、世界全体がこれまでにない激動の時代に突入するはずです。平成という漢字から想像される「平穏」という言葉は、おそらく新しい時代には当てはまりません。時代の変化に備えて個人も変化しなければいけない、そんな時代がやってくるのです。

 最後に宣伝にはなりますが、令和の時代がどのような時代になるのか、私の新刊『令和を君はどう生きるか』に自分の予測をまとめてみました。10連休中にこれからのことをじっくり考えたい人は、ぜひご一読いただければと思います。

(百年コンサルティング代表 鈴木貴博)