今や小中学生の「将来なりたい職業」ランキングの常連となった「ユーチューバー」。最近は中高年層の参加も見られるようになり、サラリーマンの副業の選択肢のひとつにもなっている。しかし、一般的にはいまだにユーチューバーの収益の仕組みについて知られていないことも多い。そこで、YouTubeビジネスに詳しい「カティサーク」の押切孝雄氏に聞いた。(清談社 岡田光雄)

25億円稼いだ7歳児
HIKAKINも年俸10億円?

1年間で25億円を稼ぐ7歳のユーチューバー
わずか7歳の男の子が1年間で25億円も稼ぐことが可能なのが、YouTubeの世界。一体、その収益構造はどうなっているのだろうか? 写真:YouTube「Ryan ToysReview」より

 7歳の男の子が1年間で約25億円を稼ぐ――。

 2018年12月3日の米経済誌「フォーブス」による「世界で最も稼ぐユーチューバーランキング2018年版」の結果を受け、国内外のメディアではそんなセンセーショナルな見出しが駆け巡った。

「ランキングの1位に輝いたのは、ライアン君という7歳の男の子で、推定2200万ドル(約25億円)も稼いだそうです。彼の『ライアン・トイズレビュー』というYouTubeチャンネルの内容は、ライアン君に新品の玩具を与えて、リアルに喜んでいる姿を映すというもの。シンプルな内容ですが、大手玩具メーカーからは『ライアン君にうちの商品も紹介してほしい』と依頼が殺到しているようです」(押切氏、以下同)

 日本国内に目を転じても、ユーチューバーの成功はめざましい。先日もHIKAKINがユーチューバーについて「日本で年俸10億も可能」とツイートし、ネット上では「HIKAKINって10億も稼いでるんだ…」などと話題になったばかりだ。

 では、そもそもユーチューバーは、どうやってこれほどの大金を稼いでいるのだろうか。