まず、グローバル度100%に近い仕事で、わかりやすい例は、外資系企業の日本法人の社長です。上司は海外にいて、英語でのメール送信や電話会議、海外出張が頻繁にあります。同僚は各国の責任者なので、当然、英語でコミュニケーションすることになります。日本法人とはいえ直属の本部長には何人か外国人がいるので、英語の使用率はかなり高く、TOEIC900点以上必要です。

 次に、グローバル度が少し下がって80%くらいの場合。TOEIC800点以上が必要になるのは、社長の直属の部下の本部長クラスです。外資系は「マトリックス組織」といって、たとえば経理部長なら、日本法人の社長と経理のアジアパシフィック責任者の両方が上司であることが多いです。日本法人社長が日本人だとしても、もう1人の上司は外国人の可能性が高いので、ある程度、英語ができる必要があります。

 また、本部長でなくても、マーケティング・マネジャーにも同じようなレベルの英語が求められる可能性はあります。上司が外国人の可能性はありますし、本社からロゴやフォントの使用に関するマニュアルが届いたら、それを読んで不明点を問い合わせるなど、直接、海外とやり取りする可能性があるからです。一方、本部長の部下の層は、日本人を相手にやり取りをすることが多いため、TOEIC700点くらいあれば大丈夫です。

 また、上司が外国人になったり、同僚にも外国人がいる環境に置かれたりすると、「話す力」が求められるようになります。さらに、昇進して電話会議に参加するようになると、早口のネイティブスピーカーや、独特のアクセントのある各国担当者の英語を「聞き取る力」が必要になります。

 仕事で求められる英語力は、かつては「役職」だけでほぼ推察できましたが、現代はグローバル度も重要なポイントになりました。このように、すべてのポジションで高い英語力が必要なわけではないので、英語力に自信がないからとひるむことなく、チャレンジしてみてください。

 次回は、実際に外資系企業の採用試験を受ける際の書類選考や面接でおさえておきたいポイントについて具体的に解説します。