会社の浮き沈みは
社長のお金の使い方次第

近藤宣之(こんどう・のぶゆき)
株式会社日本レーザー代表取締役会長
1944年生まれ。債務超過に陥った子会社の日本レーザー社長に抜擢。就任1年目から黒字化、以降25年連続黒字、10年以上離職率ほぼゼロに導く。役員、社員含めて総人員は65名、年商40億円で女性管理職が3割。2007年、日本初の「MEBO」で親会社から独立。2017年、新宿税務署管内2万数千社のうち109社(およそ0.4%程度)の「優良申告法人」に認められた。日本経営合理化協会、松下幸之助経営塾、ダイヤモンド経営塾、慶應義塾大学ビジネス・スクールなどで年60回講演。第1回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の「中小企業庁長官賞」、第3回「ホワイト企業大賞」、第10回「勇気ある経営大賞」など受賞多数。「人を大切にする経営学会」の副会長も務める。著書に、ロングセラーとなっている『ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み』などがある。
【日本レーザーHP】
http://www.japanlaser.co.jp/
【夢と志の経営】
http://info.japanlaser.co.jp/

近藤:小山社長の著書、『お金は愛』の中で語られていた
「キャッシュがなくて経営が苦しいのに、レクサスを所有していた社長」
のエピソードはおもしろかったですね。
お金には「死に金」と「生き金」がありますよね。
私は、「本能の赴くままに使うのは、死に金」「人の成長のために使うのは、生き金」だと思っています。

小山:経営サポートパートナー会員(株式会社武蔵野が経営指導している会社)の宮下徹社長(株式会社ミウ)のことですね。
私も近藤会長と同じで、「会社や社員のために使うお金は生き金」「社長が自分の見栄のために使うお金は死に金」だと思っています。
宮下社長は、「経営が苦しい」と言っておきながら、「自分の見栄」のために新幹線のグランクラス(新幹線のファーストクラス)で移動し、レクサス(グレードは「LS460L バージョンU」、当時のレクサスの最高級グレードのロング仕様で、後部座席にはテレビモニター付き)に乗っていたんです。

私はすぐに宮下社長を呼び出して、「レクサスを今日中に売れ」とお灸をすえ、その日のうちにレクサスを売却させました(笑)。

その後、それまで貸し渋っていた銀行が経費を切り詰めた宮下社長の姿勢を評価したんです。ようやく融資が下りて資金難を脱しました。
また、社員とのランチ会を開くなど、社内のコミュニケーションの活性化に「生き金」を使うようにしたところ、社内の風通しが良くなって、社員が積極的に仕事をするようになったそうです。

近藤:たしかに会社の浮き沈みは、社長のお金の使い方次第で決まりますからね。会社の成長は、社員の成長によってつくり出されますから、私も小山社長と同様に、「社員の成長」には惜しみなくお金をかけています
会社のお金は社員のために使う。
それがお金を生かす最良の方法だと思います。(対談おわり)

ps.(編集部より)「25の修羅場」の詳細は、第1回連載「倒産寸前から売上3倍、自己資本比率10倍、純資産28倍!「25の修羅場」が「25年連続黒字」をつくった理由」をご覧ください。きっと、近藤氏が血反吐を吐きながら、泥水を飲みながらのここまでのプロセスの一端を垣間見れるかと思います。