米国が追加制裁関税を発動し「振り出し」に戻った感がある米中協議の行方は(写真はイメージです) Photo:PIXTA

振り出しに戻った米中協議
打開のカギは首脳交渉

 昨年から始まった米中貿易戦争は、相互に「制裁」や「報復」を名分に関税を課し合う応酬を経て、知的財産権の保護や補助金問題など、より広範囲な分野での包括的な通商交渉の局面に入った。

 攻勢をかける米国と防戦に懸命の中国は、相互に激しい火花を散らせながらも、中国が輸入拡大や知財保護で譲歩に姿勢を見せていたことから、5月には基本合意との見方が強まっていた。

 ところが、直前になっていきなりトランプ大統領が「追加関税」に言及し、世界中を驚かせることになった。

 9、10日、ワシントンで行われたライトハイザー米通商代表と劉鶴中国副首相との協議でも溝は埋まらず、米国はこれまで留保していた2000億ドル相当の中国製品(5700超の輸入品目)に対する「25%追加関税」(第三弾)措置を発動した。

 振り出しに戻った感のある米中協議の今後は、首脳間交渉に委ねられる。「妥協点」を見い出せるのか。