倉都康行

倉都康行

RPテック(リサーチアンドプライシングテクノロジー)株式会社代表取締役

79年東京大学卒業。旧東京銀行で主にロンドン、香港、東京では為替、証券、新商品開発に従事。バンカーズ・トラスト、チェース・マンハッタン銀行のマネージング・ディレクターを経て2001年4月、RPテックを設立。代表取締役。日本金融学会会員、グラーバル資本システム研究所長、産業ファンド投資法人執行役員。主な著書に「金融史がわかれば世界がわかる」(ちくま新書)、「12大事件で読む現代金融入門」(ダイヤモンド社)など。

中国共産党の弱体化やドイツの求心力後退、そして日本は…?資本市場や市場経済に影響を与える現代地政学リスクの“ブラック・スワン”【後編】
サウジ王家崩壊やプーチン失脚で資本市場や市場経済にどんな影響が?!現代地政学リスクの“ブラック・スワン”【前編】
金融市場を振り回す米国の茶番劇は繰り返されるか デフォルト騒動が物語る“決められない政治”の本質――倉都康行・RPテック代表取締役
FOMCを受けて広がる米国「出口戦略」の波紋 世界、そして日本への“影響度”はいかほどか――倉都康行・RPテック代表取締役

スペシャル・インフォメーションAD

ランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • いいね!

おすすめ記事

TOP