これまで50の新規事業(企業内起業17回、独立起業19回、週末起業14回)に携わってきた守屋実さんの初の著書『新しい一歩を踏み出そう!』が5月15日にダイヤモンド社から発刊されました。守屋さんは、大学在学中から現在に至るまで、一貫して新しい事業だけをやり続けてきたという稀有なキャリアの持ち主。守屋さんの実績を表す一端といえるのが、創業に参画した2社が昨年上場したこと。2018年4月に介護業界に特化したマッチングプラットホームのブティックスを、5月に印刷・物流・広告のシェアリングプラットホームのラクスルを2社連続で上場に導く。本連載は、守屋さんのこれまでの様々な経験を踏まえ、主に若手ビジネスパーソンに向けて「仕事のプロ」になるための具体的な方法を伝授していきます。

会社のプロから、仕事のプロへ

「このまま、この会社に居て大丈夫か?」
「今の職場や仕事に、未来を感じられない」
「このままではマズいかも。でも、どうしたら……」

 今、わが国では、「人口減少」と「超高齢化」が、「同時」に起きています。

 これだけ環境が変わると、これまで通用してきたものが通じなくなり、ときに足かせになり、ありとあらゆるものに「これまでとは違う何か」が求められてきます。

 それは、商品やサービスはもちろんですが、我々の「働き方」にもです。

 では、どんな働き方が、これからの時代にふさわしい働き方なのでしょうか? 

 もちろん、人それぞれの人生があるように、働き方も人それぞれです。

 もっと言えば、それぞれの人生のタイミングで、働き方を自由に変更してもイイのではないでしょうか。そういったことができる世の中だとイイなぁ、と思います。

 ただ、そういったことも含めて、私は、「仕事のプロ」という働き方が、これからの時代にマッチした働き方の大きな流れだと考えています。