現金またはポイントで
還元率1%超

 ネット銀行が発行するブランドデビットは、このところ還元率の高さをうたうものが多い。新規に口座を開いた際、キャッシュカード自体がブランドデビット機能付きカードとなっていることが多いため、発行手数料・年会費が無料なことも魅力だ(一部のステータスカードは年会費がかかる)。これらの銀行は、口座残高や毎月の取引内容に応じた優遇ステージ方式をとっており、そのステージによっても還元率が増減する。

 主だったネット銀行のブランドデビットを比較してみると、還元方法は預金口座にキャッシュバックするか、独自ポイントを付与するかの2種類。

 即時キャッシュバック型で還元率が高めなのは、ソニー銀行の「Sony Bank WALLET」で、優遇プログラム Club S のステージに応じて利用額の0.5%~2.0%がキャッシュバックされる。下から2つ目のステージのシルバーを獲得してキャッシュバック率1%になるためには、資産残高(外貨預金や投資信託なども含む)300万円以上、もしくは外貨預金積立または投資信託の積立購入が月3万円以上必要なので若干ハードルが高いかもしれない。