大日本印刷(DNP)は、透明度が高い「透明スクリーン」と、透過する光をコントロールする「調光フィルム」を一体化した新製品「Smart Display Window」を開発した。明るい空間でもクリアな映像が表示でき、AR(拡張現実)の演出も可能としている。

Mogura01

 DNPは2013年3月より透明スクリーンを提供しており、2018年5月には輝度と透明度を大きく向上させた透明スクリーンを開発。この透明スクリーンは、AR技術と組み合わせた活用やバーチャルキャラクターを投影できるという。

 Smart Display Windowでは、瞬時に光の透過度合いを切り替え可能な調光フィルムにより、実際の空間とスクリーンに映すCGやテキスト、動画などを組み合わせて、ARの演出を施したさまざまなコンテンツを表示できるという。また、ニーズにあわせて、複数の透明スクリーンをつなぎ合わせて大型化することも可能だ。今後DNPは、プロジェクターメーカーとの協業などにより、Smart Display Windowを販売していく予定とのこと。