これまで50の新規事業(企業内起業17回、独立起業19回、週末起業14回)に携わってきた守屋実さんの初の著書『新しい一歩を踏み出そう!』が5月15日にダイヤモンド社から発刊されました。守屋さんは、大学在学中から現在に至るまで、一貫して新しい事業だけをやり続けてきたという稀有なキャリアの持ち主。守屋さんの実績を表す一端といえるのが、創業に参画した2社が昨年上場したこと。2018年4月に介護業界に特化したマッチングプラットホームのブティックスを、5月に印刷・物流・広告のシェアリングプラットホームのラクスルを2社連続で上場に導く。本連載は、守屋さんのこれまでの様々な経験を踏まえ、主に若手ビジネスパーソンに向けて「仕事のプロ」になるための具体的な方法を伝授していきます。

 

直感を信じようが、慎重に動こうが、
うまくいかないときはあるもの

 これまで、動くことの良い面ばかりを強調してお伝えしてきましたが、もちろんそれは、100%「良いことばかり」という意味ではありません。

 自分の直感を信じて一歩踏み出してみたものの、「思ったのと違った」ということもあるでしょう。

 「直感で動いてみた、面白そうだと思ったけどやってみたら違った。自分には合わない」ということは、現実には防ぎようのないことです。

 そういうとき、「直感を信じたからダメだったんだ」「もっと計画的に、慎重に動かなければいけなかったのだ」と思う人は多いかもしれません。

 また、ここぞとばかりに、「それみたことか。だから、言っただろう」と「状況が見えてから声高に言い始める外野」が出現するかも知れません。

 でも、直感を信じようが、慎重に慎重を重ねて動こうが、うまくいかないときはあるものです。

 「百発百中、すべてが思った通り」なんて人は、居ませんし、また、もしそんな人生だったとしたら、逆に面白くないではないのではないかと思います。

 だから、「必要以上」の反省や批判に、目や耳を向けすぎない方がいいのです。