これまで50の新規事業(企業内起業17回、独立起業19回、週末起業14回)に携わってきた守屋実さんの初の著書『新しい一歩を踏み出そう!』が5月15日にダイヤモンド社から発刊されました。守屋さんは、大学在学中から現在に至るまで、一貫して新しい事業だけをやり続けてきたという稀有なキャリアの持ち主。守屋さんの実績を表す一端といえるのが、創業に参画した2社が昨年上場したこと。2018年4月に介護業界に特化したマッチングプラットホームのブティックスを、5月に印刷・物流・広告のシェアリングプラットホームのラクスルを2社連続で上場に導く。本連載は、守屋さんのこれまでの様々な経験を踏まえ、主に若手ビジネスパーソンに向けて「仕事のプロ」になるための具体的な方法を伝授していきます。

 

成功パターンの暗記には意味がない

 私は、ときどき、講演する機会をいただくことがあるのですが、そのときに、相当な頻度で遭遇するシーンがあります。

 たとえば、私がAとBの話をしていて、Aでうまくいったという話をするとします。すると、かなり高い確率で「Aを選択すればいいのですね?」と確認してくる人がいるのです。

 その人の質問の仕方というか、話している会話の感じから、Aでうまくいったに至る過程や、そのときの背景、意思決定者の判断の軸を知ろうとしているのではなく、「結果だけを暗記しよう的なニュアンス」を行間に感じてしまうのです。

 もしも、そのような傾向のある人は、少し立ち止まってみてください。

 本来、「Aでうまくいった」という話は、参考程度にすべきものです。誰かがAでうまくいったからといって、環境、状況など様々な条件が異なる中で、自分もAを適用すればうまくいくとは限らないからです。

 Aと言ったらどんなときもA。

 Bと言ったらどんなときもB。是か非か。ゼロかイチか。

 こうした二者択一の思考になりがちなのは、知らず知らずの間に「デジタル脳」になっているのかも知れません。

 ゼロやイチの間に、いったい数字は何個あると思いますか?

 答えは、無限です。

 0・1もあれば0・11もあって無限なのに、ゼロかイチ、どちらかしかないと思い込んでしまう人がとても多いのです。