毎月、Rさんのご家庭ではどのように収入のほとんどを使い切ってしまっているのでしょうか。支出の内訳をみてみると、住宅ローンが約12万円、食費が約13万円。教育費は約16万円で、お小遣いは家族全員で10万円。これだけで約51万円がなくなります。そのほかの支出も少しメタボ気味で、赤字でないことが不思議なほどです。

 支出へのこだわりが強く、食費は外食に4万円ほど使います。総菜や弁当が多い食生活で、選ぶものも少し良いものばかり。娘が2人いますが、私立高校の学生で、塾にも通わせています。洋服が欲しいと言われれば、買い与えることもしばしばです。

 また、奥さんはママ友との交流にもお金を使っています。毎月の収入からお金を出すのは悪いから、と奥さんは自分のボーナスでこれらの費用を賄うことが多いため、ボーナスもあまり残っていないようです。

「他の家庭より収入が多いから…」
油断し過ぎで留学費用も払えない状況に

 なぜRさんも奥さんも、子どもを留学させる予定にもかかわらず、財布のひもが緩み、支出を止められなかったのでしょうか。

 実は奥さんが交流しているママ友の中に、子どもを留学させる予定の人が何人かいました。そうしたママ友の家庭の手取り収入はRさんご夫婦よりも10万~20万円ほど少ない人が多いため、「うちはあの家庭よりも少し収入が多いから、きっと問題なく留学させられる」と思い込んでいたそうです。

 ですが、留学の説明会で、「留学費用の目安は、学費と生活費あわせて1年間300万円ほど」と言われ、毎月少しずつ授業料を支払ったり、仕送りをしたりができたとしても、自分たちでは賄いきれないと思い、焦りが募りました。