久保建英
レアル・マドリードへの電撃移籍を発表した久保建英。その舞台裏では何があったのか Photo:JIJI

歴代で2番目の若さとなる、18歳5日でフル代表デビューを果たしたわずか5日後の今月14日に、世界一のビッグクラブ、レアル・マドリード(スペイン)への完全移籍を電撃的に発表。日本のファンやサポーターだけでなく世界中を仰天させた久保建英は、南米ブラジルで開催中のコパ・アメリカでも各国のメディアから熱い視線を注がれている。森保ジャパンでデビューした時は無所属状態となっていた舞台裏や、下部組織時代を過ごした古巣FCバルセロナの宿命のライバルを新天地に選んだ理由を、FC東京時代に久保が残してきた語録などを基に探った。(ノンフィクションライター 藤江直人)

「18歳の誕生日まで」に
こだわってFC東京と契約していた

 Jリーガーと所属クラブとの契約は、例えば単年契約ならば2月1日から翌年の1月31日まで、となる形がほとんどを占める。春に幕を開け、J1ならば12月の第1土曜日で閉幕するシーズンに合わせたもので、クラブ側は原則として11月30日までに契約を更新するか否かを選手側に告げる。

 中には6月30日までの契約として、7月1日から契約をスタートさせることが多いヨーロッパのクラブへの移籍へ向けて、交渉がしやすい状況を望むJリーガーもいた。こうした観点に立てば、FC東京と2019年6月4日までの契約を結んでいた久保建英のケースは異例といっていい。

 つまり、歴代2位の若さとなる18歳5日で森保一監督率いるフル代表でデビューし、及第点のパフォーマンスを披露した今月9日のエルサルバドル代表戦が行われた時点では、所属クラブなしの状態で試合会場のひとめぼれスタジアム宮城のピッチに立っていたことになる。

 一見して中途半端に映る形の契約をした理由は、今年の6月4日が久保の18度目の誕生日だったからに他ならない。18歳になれば国際移籍が解禁となる点に、久保本人が強いこだわりを持ち続けていたと、FC東京の大金直輝代表取締役社長は契約の舞台裏を説明する。

「中学2年生だった(久保)建英がFC東京の下部組織に加入した時から、18歳の誕生日まで、というのが約束事でした。当時はアマチュアでしたが、プロ契約を結んだ時も18歳になるまで、と。本人に聞いてみないと分からない部分はありますが、例えばFC東京以外のJクラブに入っていたとしても、この条件がセットだったのではないか、と思っています」