BMW・Z4・M40i
BMW・Z4・M40i 新型はボディ剛性を大幅にアップ ねじり剛性は旧型比30%向上 足回りの見直しでスポーツ性を追求した M40iは電子制御Mスポーツデファレンシャル標準 0→100km/h加速は4.5秒でクリア 価格:8SAT 835万円

話題のトヨタ・スープラとの共同開発車、BMWの2シーター・オープンスポーツ新型Z4がデビューした。主要メカニズムはスープラと共通。日本仕様は3リットル・直6ターボ(340ps)を積むM40iと、2リットル直4ターボ(197ps)の20iシリーズ。駆動方式はFR。10秒で開閉する軽量設計のソフトトップは低重心化を追求し、走りの安定性に貢献する。

BMWを代表するスポーツモデル
Z4の3rdモデルが上陸

 BMWを代表するスポーツモデル、Z4の3rdモデルが上陸した。日本仕様は、3リットルの直6ターボ(340ps)を搭載したM40iと、2リットル直4ターボ(197ps)を積む20iシリーズをラインアップ。試乗車はトップモデルのM40iである。

 新型のスタイリングはオープンスポーツらしい引き締まった印象。FRレイアウトならではのスポーティな雰囲気が濃厚に漂う。すらりと伸びた長いノーズと、後ろ寄りにレイアウトされたキャビンを組み合わせたプロポーションは、2002年に誕生した1stモデルを思い出す。

 ボディサイズは全長×全幅×全高4335×1865×1305mm。旧型比で全長は85mm長く、全幅は75mmワイド、全高は15mm高い。2470mmのホイールベースは25mm短縮された。